So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スープカレー ブログトップ
前の10件 | -

SoupFULL@北九州市戸畑区 2 [スープカレー]

出張で小倉に来ています。
今日の夕食は北九州市戸畑区の「SoupFULL」を訪問しました。
前回訪問から3ヶ月弱ぶりになります。

最寄り駅はJR九州工大前駅になりますが、今回は小倉駅前からバスを利用してみました。

最寄りのバス停は天神二丁目になりますが、私が乗ったバスは天神二丁目バス停には止まらない便で、天神市役所前バス停で下車しました。
こちらのバス停からも500m程の距離なので、充分徒歩圏内です。
バス利用の際は西鉄バスホームページで確認の上訪問したほうがよさそうです。

『黒牛スジ』(1150円)
辛さ激辛口(+50円)
ライス小
を注文しました。
画像 015-500.jpg
やや多めの油が浮いた、さらさらした真っ黒なスープ。
タマネギの旨みがしっかりと感じられるスープで、動物系の旨みも強めに感じられます。
牛すじの他にイカスミの旨みも加えているとのことで、旨みが重なり合っているような飲み応えがあるスープです。

しっかりと塩気が効かせてありますが、塩角が無く飲み口は柔らか。
様々な旨みを塩気できちんと纏めている印象。

クミンなどのスパイスがホールのまま入っていて、噛んだときにスパイスの香りが鼻に抜けるのがとても心地よいです。

具は、牛すじ、ジャガイモ、ニンジン、大根、カボチャ、ナス、ピーマン、ゆで卵、水菜。

牛すじがとても柔らかく煮上がっていて、スープとの相性もとてもよく感じられて美味しい。

野菜類もとても丁寧な調理が伺えて、盛り付けも綺麗です。
特にほど良く油を吸った素揚げのナスと、甘さを引き出されたニンジンが美味しく感じました。

ライスはやや柔らかめの白米。

添えられてくる生クリームを回しかけると、スープがぐっとマイルドになります。
この生クリームと、表面に浮いた油が辛味をマスクするのか、前回の赤スープと同じ激辛口での注文だったんですが、今回の黒スープのほうが辛味が抑えられているように感じました。

今回もほんの少しだけオーナーさんとお話させていただくことができました。
3ヶ月前に1度訪問したきりなのに覚えていていただいて感激。

清潔で落ち着ける雰囲気の店内と、とても気持ちが良い接客、旨み充分なスープカレーに、小倉出張の時には是非訪問しなければと思わされてしまう、大満足の夕食でした。
次回訪問時、赤・黒どちらのスープにするかとても悩んでしまいそうです。
画像 008-500.jpg
店名:SoupFULL 北九州市戸畑店
住所:福岡県北九州市戸畑区天神2-1-2
電話:093-883-0252
営業時間:11:30~15:00 17:30~21:00
休み:木曜(祝日の場合翌平日)
URL:http://soupfull.shokuhin.officelive.com/ (店舗HP)
URL:http://soupfull.blog19.fc2.com/ (オーナーブログ)

SoupFULL@北九州市戸畑区 [スープカレー]

出張で北九州の小倉に来ています。
この近辺にスープカレーを出す店がないか検索したところ北九州市内に専門店がありました。

というわけで、今日の夕食は「SoupFULL」を訪問しました。

2010年7月オープンのこちらは、山口県に2008年6月にオープンした店の2号店とのこと。

宿泊している小倉から鹿児島本線に乗って2駅目の九州工大前駅下車。
駅からは徒歩15分弱ほどで到着しました。
詳しいアクセス方法はこちらに。

カウンター7席、4人掛けテーブル4脚、2人掛けテーブル4脚の店内は、清潔感があって落ち着ける雰囲気。
席間がゆったりととってあるのが好印象。

スープカレーのメニューは
・赤チキン
・赤やさい
・赤ポークウインナー
・赤クリスピースティックチキン
・赤ジューシーからあげ
・赤梅肉大葉巻き
・黒牛スジ

メニュー名についている色はスープの色で、赤がトマトベースのこの店の基本となる味で、黒は牛スジをベースとしたコクがあってスパイシーなスープとのこと。

その他、山口の本店では既に提供開始している白スープや、メニュー表には未発売となっている黄色のスープなども今後登場予定のようです。

期間限定メニューや裏メニューなども用意されています。

トッピングメニューは、とろけるチーズ、あいこのWチーズ、さくさくコロッケ、ゆでタマゴ、ジューシーからあげ、ポークウインナー、クリスピースティックチキン、カリッとオニオンリング、柔らかチキンレッグ、梅肉大葉巻き。

辛さのメニュー表記は、甘口、中辛、辛口、激辛口、超激辛口。
激辛口に50円、超激辛口に150円の追加料金がかかります。

『赤チキン』(950円)
辛さ激辛口(+50円)
を注文しました。
SoupFULL赤チキン101201-500.jpg
極少量の油が浮いた、明るい茶色の、やや粘度があるスープ。
粘度は濾していないタマネギのもので、タマネギの旨みがふんだんに感じられます。
ややあっさり目ながら、トマトの酸味と旨み、鶏の旨みがしっかりと感じられるスープです。

具は、鶏レッグ、ジャガイモ、ニンジン、ナス、ピーマン、トマト、ゆで卵。

鶏レッグは、しっとりと煮上げられていて、スープーン1本で捌ける柔らかさ。
肉の味の抜けや、鶏独特の臭みがまるで無くて、とっても美味しい。

野菜類の調理も丁寧さが伺えて、甘さが引き出されたニンジン、ホクホクのジャガイモ、油をほど良く吸った素揚げのナスなど、どれも美味しくいただきました。

ライスはやや柔らかめの玄米入りのもの。

会計時にオーナーさんとほんの少しだけお話させていただくことができました。
オーナーさんは札幌スープカレーが好きで独学で地元山口でスープカレー店を始められたとのことでした。

出張先、しかも北九州で美味しいスープカレーに巡り合えるとは思っていなかったので嬉しい驚きでした。
落ち着ける雰囲気と丁寧な接客の中でいただく、野菜の旨み溢れるスープのスープカレーに大満足の夕食でした。

黒スープや裏メニューなど、気になるメニューがたくさんあるので再訪問しなくては。
SoupFULL外観101201-500.jpg
店名:SoupFULL 北九州市戸畑店
住所:福岡県北九州市戸畑区天神2-1-2
電話:093-883-0252
営業時間:11:30~15:00 17:30~21:00
休み:木曜(祝日の場合翌平日)
URL:http://soupfull.shokuhin.officelive.com/ (店舗HP)
URL:http://soupfull.blog19.fc2.com/ (オーナーブログ)

CRAZY SPICE@小樽市 [スープカレー]

今日は昼食時に小樽にいたので「クレイジースパイス」を訪問しました。
札幌店は訪問したことがあるものの本店は初訪問。
最寄り駅はJR小樽駅で、徒歩だと15分ほどかかります。

スープカレーのメニューは
・チキンカレー
・パリパリチキンカレー
・クレイジーチキンカレー
・ベジタブルカレー
・ベジ畑キーマカレー
・プリプリエビカレー
・なっとうキーマカレー
・角煮ポークカレー
・レア生ラムカレー
この他にも平日限定ランチメニューや、季節の限定メニューがありました。

全メニュー、ノーマルスープ、マヤックスープ、サマデイスープから選択可能です。
マヤックスープはスパイシーなスープ。
サマデイスープは動物系と魚介系を合わせたスープとのことです。

トッピングメニューは、キャベツ、あげ玉子、バター、しめじ、カボチャ、ホールトマト、ナットウ、チーズ、ブロッコリー、ベーコン、オクラ、梅、シュレッダーチーズ、チキン、ポーク、パリパリチキン、生ラム、海老。

辛さは0番~40番。
マヤックスープは4番以上からの注文になります。

『レア生ラムカレー』(1200円)
ノーマルスープ
辛さ10番
ライス半分(-50円)
を注文しました。
CRAZYSPICEラム100803-500.jpg
少量の油が浮く、茶濁した、さらさらのスープ。
トマトの酸味と、鼻に抜けるカルダモンの香りがとても爽やかです。
スパイスはそれほど強くはなく、あっさりしていながら旨みは充分。

具は、ラム肉、ジャガイモ、ニンジン、カボチャ、ナス、大根、ピーマン、キャベツ、ゆで卵。
具材の上に白髪ネギと糸唐辛子が乗せられています。

ラム肉は香辛料を纏わせて焼いたもの。
焼き加減レアで、中は赤々としています。
羊肉の風味が存分に感じられて、羊肉好きには堪りません。

野菜類もとても丁寧な調理が伺えて、盛り付けも綺麗。

ライスはやや固めの白飯。

更にトッピングで生ラムを注文すればよかったと思わされてしまうほど好みのラム肉と、爽やかさを感じられる後味の良いスープ。
そしてとても居心地が良い店内の雰囲気に大満足の昼食でした。
CRAZYSPICE100803外観-500.jpg
店名:Soup Curry House CRAZY SPICE
住所:北海道小樽市色内3-3
電話:0134-27-9048
営業時間:11:30~20:00(LO) 土日祝11:30~21:00
休み:無休

EXE@函館市駒場町 3 [スープカレー]

今日の昼食は仕事場近くの「エキス」を訪問しました。

こちらは夜はダイニングバーとして営業されていて、ランチタイムは1種類のみのスープカレーを提供されています。

元はデザイン関係の仕事をされていた店主が、デザインから手がけたという店内は、雑多なようなまとまりが取れているような不思議な空間。

前回訪問から2年ぶりにもかかわらず店主が顔を覚えていてくださいました。

『スープカレー』(990円)
辛さ10辛
ライス少なめ
を注文しました。
EXEスープカレー100511-500.jpg
スープカレーと一緒に
「よろしければライスに乗せて召し上がってください」
と、自家製の食べるタイプのラー油を出してくださいました。
EXEラー油100511-500.jpg
以前の訪問時よりココナッツミルクの風味がぐっと押さえられていて、とてもあっさりとしたスープ。

具は、鶏レッグ、ジャガイモ、ニンジン、レンコン、ブロッコリー、芽キャベツ、唐辛子。

鶏レッグはしっとりとした煮上がり。

甘味がある芽キャベツがスープに良く合って美味しく感じられました。

ライスはやや柔らかめの白飯。
このライスに前述のラー油を乗せて食べると、焦がした唐辛子と香味野菜の香ばしい香りでスプーンが止まらなくなります。
EXEライス100511-500.jpg
きちんと辛みが有るのに辛過ぎることはなくて、スープとも相性が良く感じました。

今日の函館はかなり冷え込んでいたので、冷えた体に、スープと美味しいラー油が乗ったライスの温かさが染み渡る、満足できる昼食でした。
EXE外観100511-500.jpg
店名:DINING-BAR EXE
住所:北海道函館市駒場町14-15
電話:0138-31-9700
営業時間:11:30~14:00 18:00~25:00
休み:月曜

スープ屋さん@岐阜県不破郡 2 [スープカレー]

明日からの名古屋出張を前乗りしてJR垂井駅から徒歩7分ほどのところにある「スープ屋さん」に行ってきました。
前回からは3ヶ月ぶりになります。

『ハンバーグ』(900円)を辛さキムンカムイ(+200円)ぎょうざ(250円)トッピング、ライス少なめで注文しました。
スープ屋さんハンバーグ100318-2-500.jpg
油とバジルに覆い尽くされたスープは前回食べたシモマンペより赤みが強いです。
油の量もシモマンペより多く感じました。
かなり多めの油が浮いていますが、バジルの効果かしつこさは感じません。

とても甘味が強いのに後味がすっきりとしたスープで、スプーンが止まりません。

具は、ハンバーグ、ニンジン、ジャガイモ、カボチャ、ナス、キャベツ、ゆで卵と、トッピングした餃子。

ハンバーグは合挽肉でしょうか。
みっしりと肉が詰まったタイプのハンバーグで噛み応えがあって、私はとても好み。
とてもジューシーで、スープにも良く合っている印象。

野菜類の調理も丁寧さが伺えて、盛り付けも綺麗です。

皮から手作りだという餃子は、厚めの皮がもちっとしていて、スープに良く馴染んでとても美味しいです。

好みが別れそうな独特の雰囲気も、ゆったりと寛げる気がして私は大好きです。

営業日が少なく、営業時間も短い店で、何より垂井という街に寄る機会は全くないんですが、名古屋出張の際には時間を作って再訪問したい店です。

独特の雰囲気の店内でいただく独自のスープカレーに大満足の昼食でした。

  追記:こちらの店は辛さを増すほど油の量が増えると春彦さんに教えていただきました。ありがとうございました。
スープやさん外観100318-500.jpg
店名:スープ屋さん
住所:岐阜県不破郡垂井町垂井2328
電話:090-1271-5486
営業時間:12:00~13:00(L.O) 17:00~20:30(L.O) 土日祝12:00~15:00(L.O) 17:00~20:30(L.O)
休み:月火水曜 『イベント、帰郷、大雨などによりお休みすることがしばしばあります。』

MagicSpice@名古屋市中区 3 [スープカレー]

昨日に引き続き、本日の昼食も「マジックスパイス名古屋店」を訪問しました。

名古屋店限定メニュー『エビフライ』(平日ランチ1100円)の、辛さ虚空(+250円)に、甘えびの唐あげ(180円)と、じゃがいも(120円)をトッピングして、ライス半分で注文しました。
MS名古屋エビフライ091229-1-500.jpg
スープに浸して食べてみたかったので、本来海老フライの上にかかるマヨネーズは無しでお願いしました。
MS名古屋エビフライ091229-2-500.jpg
甘海老の風味が移ったスープがとても美味しいです。

海老フライは薄めの衣がさっくさくに揚がっていて、少しスープに浸してもサクサク感は残ったまま。
そのまま食べても、スープに浸してもとても美味しいです。

ジャガイモはねっとりとした食感のもの。
カレーに入れるジャガイモは、ホクホクしたものが選ばれることが多いように思いますが、ねっとりとした食感のジャガイモもマジックスパイスのスープには合いますね。

今日もやっぱり気持ちがよい接客で、大満足の昼食でした。

今回の『エビフライ』で前々回の『ちゃんちゃん』前回の『チンギスハーン』とあわせて、名古屋店限定メニューコンプリート。
限定トッピングはまだ注文していないものが残っているので、トッピングに関しては次回以降の宿題ということで。
MS名古屋外観091229-500.jpg
店名:MagicSpice名古屋店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-15-13
電話:052-249-8884
営業時間:11:30~15:00 17:30~23:00(L.O22:30)
休み:火・水曜
URL:http://www.magicspice.net/

MagicSpice@名古屋市中区 2 [スープカレー]

名古屋出張と名古屋出張の合間が2日休みになったので、東京には戻らず名古屋に滞在することにしました。
今日の昼食は「マジックスパイス名古屋店」を訪問しました。
前回の訪問から1ヶ月少々で訪問できるとは思っていなかったので、嬉しいかぎり。

名古屋店限定メニューの『チンギスハーン』(平日ランチ1150円)の辛さ虚空(+250円)に、名古屋限定の生麩(150円)と期間限定のマジックのマッシュの天ぷら(200円)をトッピングして、ライス少なめで注文しました。
MS名古屋チンギスハーン091228-500.jpg
チンギスハーンは、下北沢店でも時折登場するメニューで、ラムしゃぶが入り、北海道産の野菜が他のメニューより多めに入ったもの。
ラム肉の風味がほんのりとスープに移っていって、味の変化が楽しめて、羊肉好きの私は大好きなメニュー。

野菜の中では、ほっくりとしたジャガイモが特に美味しく感じました。

マジックのマッシュことタモギタケの天麩羅は、やや厚めに纏った衣がスープを吸って、とても美味しい。

スープと良く馴染んだ生麩も、食感が楽しくて美味しいです。

私の体調のせいか、前回下北沢店より辛くなく感じたんですが、今回は下北沢店で食べる肉系メニューの虚空と同じ辛さに感じました。

積極的で行き届いた接客は、本店や下北沢店同様かそれ以上。
久々に食べたチンギスハーンはやっぱりこのみな味で、限定トッピングも美味しくて、大満足の昼食でした。
MS名古屋外観091228-500.jpg
店名:MagicSpice名古屋店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-15-13
電話:052-249-8884
営業時間:11:30~15:00 17:30~23:00(L.O22:30)
休み:火・水曜
URL:http://www.magicspice.net/

スープ屋さん@岐阜県不破郡 [スープカレー]

明日からの出張を前乗りして名古屋入り。
少しだけ遠征して、岐阜県不破郡垂井町のスープカレー店「スープ屋さん」を訪問してきました。

JR垂井駅から徒歩5分ほどで店に到着。
開店時間の3分ほど前に店の前に到着したんですが、店内から物音がせず明かりが点いていないように見えて、開店準備をしている雰囲気ではなかったので、これは臨時休業かなと諦めかけました。
これがとんだ杞憂で、街中に正午を告げる放送が鳴った瞬間に、店主が暖簾を持って店内から出ていらっしゃって、ほっと一安心。
今回は大丈夫でしたが、小規模とはいえ遠征時は事前の確認が大事です。

内装やメニュー表など、とても手作り感がある店内は、10人ほどが座れそうな大きな座卓1つと、2人がけの座卓が2つ。
少し雑然とした雰囲気は、好き嫌いが分かれると思いますが、私は落ち着けてとても好き。

スープカレーのメニューは
・チキン
・ハンバーグ
・シーフード
・やさい

トッピングのメニューは、ジンギスカンのからあげ、ぎょうざ、とうふ、チーズ、なっとう。
スープ屋さんメニュー091224-2-500.jpg
辛さは、オペレ、イセポ、カムイチカッポ、シュマリ、シモマンペ、カパチリ、キムンカムイの順に辛さがましていきます。
全ての辛さに追加料金が発生。
辛さの名前は、キムンカムイがアイヌ語で熊を意味するように記憶しているので、それぞれメニュー表に描かれている動物のアイヌ語でしょうか。
スープ屋さんメニュー091224-1-500.jpg
『チキン』(950円)の辛さシモマンペ(+130円)に、ジンギスカンのからあげ(300円)をトッピングして注文しました。
スープ屋さんチキン091224-500.jpg
多目の油とバジルがスープの表面を覆っています。
スープ自体は黄色身が強いさらさらのもの。
野菜や果物由来でしょうか、優しいながらもしっかりとした甘味が感じられるスープです。
表面に浮いたバジルの風味がとても効いていて、バジル好きの私はとても好みのスープ。
動物系は鶏がメインのように感じました。

具は、鶏レッグ、ジャガイモ、ニンジン、ピーマン、ナス、カボチャ、キャベツ、大根、ゆで卵。
鶏肉は、しっとりとした煮上がりで肉の旨味がしっかりと残ったもの。
多少骨離れの悪さは感じましたが、適度な噛み応えがあって、とても好みです。
野菜類もとても丁寧な調理が伺えて、盛り付けも綺麗。

しばらくして、ジンギスカンのからあげが運ばれてきました。
スープ屋さんラムの唐揚091224-500.jpg
醤油が揚がった香りが香ばしくて、とても美味しい。
羊肉独特の風味は控えめ。

ライスはパラッとした口溶けの粘りが少ないターメリックライス。
とてもスープに良く合っている印象でした。

こちらは営業日が木曜から日曜の週4日で、営業時間も短く、若干敷居が高い店。
さらに、出張の機会がある名古屋からは1時間ほどかかるところにある店ですが、絶対に再訪問しようと思わされた、大満足の昼食でした。
スープ屋さん外観091224-500.jpg
店名:スープ屋さん
住所:岐阜県不破郡垂井町垂井2328
電話:090-1271-5486
営業時間:12:00~13:00(L.O) 17:00~20:30(L.O) 土日祝12:00~15:00(L.O) 17:00~20:30(L.O)
休み:月火水曜

ジョニーtown@愛知県岡崎市 [スープカレー]

「MagicSpice名古屋店」でかなり満腹になったんですが、続けて愛知県岡崎市のスープカレー店「ジョニーtown」を訪問。
最近ご一緒する機会が多い仮性人さんとご一緒させていただきました。

愛知環状鉄道、北岡崎駅から徒歩10分弱のところにあるこちらは、2009年6月オープン。

元は寿司屋だった店舗を店主自ら改装したそうで、手作り感溢れる外観と内装の店。
店内はカウンター7席、4人掛けテーブル2脚、2人掛けテーブル1脚。
落ち着ける雰囲気の店内では、ターンテーブルの上でレコードが回っています。

スープが、あっさりしたブルース、カレーに近いジャズ、こってりしたカントリーの3種類から選べます。

スープカレーのメニューは
・チキン
・肉団子
・納豆
・きのこ
・ポーク
・シーフード

トッピングメニューは、たまご、春雨、チーズ、トマト、おもち。
100円の追加で石焼き鍋に変更可能の表記もありました。

辛さの選択は0番~6番で、5番以上に追加料金がかかります。

『肉団子』(900円)をあっさりのブルースのスープ、辛さ5番(+100円)たまご(100円)トッピングで注文。
たまごはライスonでお願いしました。
ジョニーtownブルース肉団子091123-1-500.jpg
少量の油と、ハーブが浮いた、やや透き通った茶色の、さらさらのスープ。
独特な甘味があるスープで、あっさりしていながら、きちんと旨味も感じます。
和風出汁のような風味も感じます。

具は、肉団子、ニンジン、カボチャ、ナス、ピーマン、キャベツ。

肉団子がとても柔らかくて、スープを吸っていて、口に入れるとスープが溢れてきます。
野菜類の調理も丁寧。

ライスは楕円に盛られたやや固めの白飯。
トッピングの卵は半熟で、オムライスのようにライスを覆って提供されました。
ジョニーtownブルース肉団子091123-2-500.jpg
とろとろの火通しの卵がライスと馴染んでとても美味しい。

「1人でやっているので今のままの来客数でまったりと営業できればいいです」
と仰る店主。
欲のない方なのかなと思っていると、
「きちんと変りのない、責任がもてる味で提供したいですから」
との事。

真剣さが伝わってくる店主の作る、あっさりしていながら旨味が感じられるスープカレーに大満足。
店の雰囲気も良いし、未食の2つのスープも気になるし、名古屋出張の際に時間を見つけて再訪問したい店です。
ジョニーtown外観091123-500.jpg
店名:スープカレー屋 ジョニーtown
住所:愛知県岡崎市井田新町5-1
電話:0564-26-3142
営業時間:11:30~14:30 17:30~22:30
休み:第1第3木曜

MagicSpice@名古屋市中区 [スープカレー]

明日から名古屋に出張だったので、前乗りして名古屋市中区大須の「マジックスパイス名古屋店」を訪問。
こちらは札幌に本店がある「MagicSpice」の3店舗目の支店として2009年6月オープン。

地下鉄大須観音駅から徒歩5分弱、地下鉄上前津駅からは徒歩5分強といったところにある店で、怒派手な真っ赤な建物が目を惹きます。

店に入ると、6月まで下北沢店でフロアー長のようなポジションだった女性スタッフの方が出迎えてくださいました。
私の顔を覚えていてくださって、お久しぶりのご挨拶。

スープカレーのメニューは
・チキン
・ポーク角煮
・ビーフ
・ハンバーグ
・ベジビーン
・シーフード
・モモ
名古屋店限定メニューとして
・チンギスハーン
・エビフライ
・チャンチャン
がありました。

トッピングメニューも本店や下北沢店同様に豊富で、名古屋店限定のトッピングとして、たいざんぎ、いももち、きしめん、生麩がありました。
エビフライやチャンチャンのトッピングも可能とのことです。

『チャンチャン』(1180円)の辛さ虚空(+250円)のライス少なめに、エビフライ(600円)きしめん(200円)をトッピングして、たいざんぎ(350円)を単品で注文しました。
MS名古屋ちゃんちゃん-1-500.jpg
勧められるがままに名古屋店限定のものを頼んだらえらいボリュームに。

スープは肉系の具が入らないから辛味がシャープに伝わるかと思いきや、表面に油がやや多めに浮いているせいか、下北沢店のベジマッシュの虚空より辛くない印象。
名古屋店用にシフトしているのか、偶々なのかは判らず。
MS名古屋ちゃんちゃん091123-2-500.jpg
チャンチャンは鮭と季節の野菜のホイル焼き。
MS名古屋ちゃんちゃん091123-3-500.jpg
今回野菜はタマネギとカボチャでした。
バターと味噌の風味が柔らかに蒸された鮭と良く合っていて美味しい。
エビフライは有頭のやや大きめのものが2本。
サクサクに揚がっていて衣が薄めで美味しい。
頭から尻尾まで丸ごといただきました。

たいざんぎは鶏の唐揚げ。
MS名古屋たいざんぎ091123-500.jpg
マスターの名前と北海道で鶏の唐揚げを指すザンギに引っ掛けたネーミング。
こちらもカラッとサクッと揚がっていて、醤油が揚がった香ばしさとニンニクの風味が効いています。

遅れて提供されたきしめんがこちら。
MS名古屋きしめん091123-500.jpg
スープに浸してつけ麺のように食べる。
下北沢の蒸し麺も合うけれど、きしめんもマジックスパイスのスープに合いますね。

まだ食べていない名古屋限定メニュー&トッピングもあるので、是非再訪問しなければ。
名古屋店も本店や下北沢店と変らぬ気持ちが良い接客で、もちろん味も申し分無しで大満足の昼食でした。
MS名古屋外観091123-500.jpg
店名:MagicSpice名古屋店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-15-13
電話:052-249-8884
営業時間:11:30~15:00 17:30~23:00(L.O22:30)
休み:火・水曜
URL:http://www.magicspice.net/
前の10件 | - スープカレー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。